<レポート>焼酎ヌーヴォーで乾杯ナイト!@向原

乾杯

「鹿児島の芋焼酎をあじわう−焼酎ヌーヴォーで乾杯ナイト」
昨年も好評でしたが、今年は生産時期や品種の飲み比べ、鹿児島のお料理との食べ合わせなど、小鹿酒造×都電テーブルでたっぷりお酒と料理を満喫していただきました。

 

2016年の新酒解禁を全国の焼酎好きが乾杯で迎える焼酎ヌーボーの夜、小鹿酒造の児玉さんの乾杯のかけ声で会はスタート。小鹿酒造の本格焼酎を6種、鹿児島大隅半島の食材をそろえたお料理を8種、たっぷりとお楽しみいただきました。

いりぐち

小鹿酒造は鹿児島県鹿屋市にある芋焼酎の酒蔵。鹿屋で作られたさつまいもを生のまま、鹿屋に流れる水で仕込んだ焼酎「小鹿」が長く地元で愛されています。
芋畑

はたけ

いも

酒樽

14599810_1127446260676312_1844424198_o

 

その小鹿酒造から児玉さんをお呼びして贅沢になごやかに酒づくりの話を伺いました。

 

 

 

 

前割り
乾杯は「前割り」で。あらかじめ1:1の水割りになっている「前割り」は、鹿児島ではペットボトルに入ってコンビニでも売っているメジャーなものなんだそう。文化ですね!

 

 

 

小鹿の郷

児玉さん一押しの鶏さしは鹿児島県鹿屋市みやじ食鶏から。鹿児島では「とりのさしん」。本当に美味しくて本当鹿児島ではふだん使いのお醤油といえば甘いお醤油。児玉醸造の鹿児島醤油で鶏さしをいただきました。付け合わせたのはハスイモ。芋がらで知っている方もいるかと思いますが、こちらも鹿児島ではメジャーな食べ方だそうです。鶏さしと一枚ずつ口に入れるとシャキシャキとした歯ごたえも加わります。
合わせたのはコクのある黒麹仕込みの「小鹿の郷」。

 

 

 

青とんぼ
かんぱちの唐揚げ。スタッフも鹿児島の漁船に乗る体験をさせていただいた鹿児島の古江漁港のかんぱちを使ったお料理です。こちらには爽快でスッキリとした「青とんぼ」を食べ合わせ。辺塚(へつか)橙の爽やかな風味が唐揚げにも焼酎にも相性ばっちりでお酒がすすみます。「青とんぼ」という名前には児玉さんの長渕剛への熱い想いがあるとかないとか…?

 

 

 

豆腐
だっきしょ豆腐と木樽にて貯蔵した「長期樽貯蔵 小鹿」の食べ合わせ。「だっきしょ」とは落花生のこと。互いのやわらかな甘さが口の中いっぱいに広がります。「長期樽貯蔵 小鹿」はデザートのアイスともマッチ!

 

 

 

きびなご

今回のご飯ものはきびなごの漬け丼でした。鹿児島ではお刺身で食べるというきびなご。東京でもその美味しさを味わってほしい、という思いからできたメニューです。

 

 

 

飲み比べ
そしてメインはこれ!
前年酒と2016年出荷ほやほやの新焼酎を飲み比べ。
正解率が高さからも分かるほど味に違いがありました。

 

 

 

 

トーク

酒づくりに対するまっすぐで優しい児玉さんのお話を聞きながら、テーブルごとにそれぞれの焼酎のボトルを置いて、お湯割り・水割り・ソーダ割りとお好きな飲み方を試しているうちに、知らない人同士のテーブルもわいわいととてもにぎやかに。
お酒がすすんで各テーブルごとで盛り上がりすぎちゃうかも?という心配も少しありましたが、児玉さんへの質問が飛び交ったり、お帰りの際に児玉さんと握手したりする方をたくさん拝見したのが印象的で、やってよかった!と確信した夜でした。