<参加者募集中> 4/16(日)映画「100年ごはん」上映会@都電テーブル

『食は過去・現在・未来をつなぐバトン。

100年単位の仕事の“はじめの、はじまり”ドキュメンタリー。』

 

わたしたちのからだは食べものでできています。

食べものって何なのか、食のはじまりがどこにあるのか、

自分のからだと、まだ生まれていない誰かのからだのこと、

生産者と消費者、ひととひと、

何かを感じるきっかけになりますように。

映画「100年ごはん」の上映会を開催します。

 

 

映画を見たあとは、この作品を撮るために4年の歳月をかけ、
今もなお大分に足を運ばれる大林監督に様々なお話を聞く時間。
料理家としての顔をお持ちの大林監督から、映画について、臼杵市について、
食にまつわる色々なヒントなど、気になることをいっしょに色々と伺いましょう。

 

臼杵市の食材を使ったこの日のためのご飯とともにゆっくり楽しんでください。

 

 

【「100年ごはん」のあらすじ】

 

無化学合成農薬・無化学肥料の野菜作りを推進する大分県臼杵市は、2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設。慣行農業から有機農業に転換する生産者や、あたらしく農業をはじめる市民が現れる。マーケットの現状は? 消費者は?――。将来的には子どもたちの給食を臼杵の野菜でまかないたい。全国でもはじめての試みに試行錯誤しながらも、臼杵市と市民たちが前へ向かってゆく姿をとおし、現代の「食」にとって何がほんとうに大切かを考える 、“ワタシ”から“アナタ”へ宛てたメッセージ。

 

   http://100nengohan.com

 

【「100年ごはん」の上映会と大林監督】

 

大林千茱萸(おおばやし・ちぐみ)監督は、この作品のために4年間臼杵市に足を運び、撮影素材は120時間。「100年ごはん」の上映会は「映画+食事+トークセッション」形式で、「映画で知らないことを学び、改めて食と向き合い、みんなで大事な話をする」という、料理家でもある監督の想いを届けるスタイル。
映画と料理を生業とする監督自らが映画と共に各地へ赴くという、唯一無二な上映方式が「食育の最前線」として「未来へつなぐ食のバトンーー映画『100年ごはん』が伝える農業のいま」として筑摩書房より書籍化されている。

 


 

 

<「100年ごはん」上映会 >

 

⚫︎日時  4月16日(日)

 

<昼の部>  11:30 開場
       12:00 映画上映(65分)開始+食事+トーク
       15:00 終了を予定しています。

 

<夜の部>  17:30 開場
       18:00 映画上映(65分)開始+食事+トーク
       21:00 終了を予定しています。

 

⚫︎参加費 5000円

 

      ・映画上映会
      ・臼杵市の食材を使ったご飯
      ・大林監督のお話
      ・臼杵市の堆肥のお土産付き!

 

⚫︎定員 各回 20名様程度

 

⚫︎会場  都電テーブル 向原店
    (※大塚駅北口に大塚店もございます。お間違えのないようご来場くださいませ。)

 

⚫︎お申し込みはこちらより

 

    <昼の部>http://peatix.com/event/245459

 

    <夜の部>http://peatix.com/event/247513

 

⚫︎お問い合わせ 都電テーブル向原 info@toden-table.com

 

ⓒ『100年ごはん』 製作委員会 株式会社TMエンタテインメント